2021年05月02日

【情報回復に1日かかりました】ソーラーエッジ導入発電所がやっと復帰しました。

SJPR.jpg

実は、ソーラーエッジ導入型発電所を本年より実証設備として稼働させています。
DSC_0130.JPG
DSC_0131.JPG
低圧200%超の両面パネルにすべてオプティマイザー付きの発電所で

単相型のソーラーエッジパワコン9台が配備されています

周りが林に囲まれた敷地であるため、影の影響を最小限にできるよう導入したわけです。
(リパワリングでお勧めできるかの実証です。)

ちなみに、4月はほぼDC容量同規模で片面パネル、影を掛ける障害物のないファーウェイPCS導入のものに少しだけ発電量で勝っています。

ソーラーエッジ発電所     11,620KWh
比較片面パネル+ファーウェイ 11,190KWh

投資費用対効果としては圧倒的に後者となりますが、
購入した土地がどうしても影の影響が多いので、発電量に不満」という方は、
ソーラーエッジによるリパワリングでも、と思います。
ぜひご相談ください。

ですが、先日通信系がダウンしてしまい、Simカードの交換となりました。
止まってから2週間程度経過していたので通信復活してから
すこしずつデータが送られるようで1日ほど、リアルタイムに追従するまではかかるようです。

ちなみにパネル1枚づつ見れるのは良いですね。
なので通信系がダウンすると効果が半減してしまいます。
ソーラーエッジ画面.jpg



ただし、実は、メーカー保証に工事補償(=対応した業者への支払いがメーカーからされる。保証OPですが。)もついているため、故障対応が比較的早く対応できます。

普通のメーカーは保証といっても部品供給のみで施工費は支払いなしです。ですので施工会社が無料サービス強要されたり、メンテナンス契約がないと費用請求の可能性が大です。
この部分はすごくお勧めです。




会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:00| 茨城 ☁| Comment(0) | 赤嶺電研企画の太陽光発電メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。