2021年08月02日

【Non FITの新常識は蓄電池付?】蓄電池を備える「自己託送型太陽光」が鹿児島に、発電した電力は自家消費:スマートジャパン記事

SJPR.jpg


これは自家託送の自家消費ですが、おそらくNon FITにも必要になるかと。


九州など出力抑制が必要な地域でNonFITを行うにはやはり、蓄電池が必要になると思われます。

自家消費で採算が載るなら、NonFITでもなんとかなりそうな感じですが。

実証が始まって、問題点や最適なPCSや蓄電池システムが出ると、非常に面白いです。

特に、ダックカーブといわれる夕方からの退勤移動や煮炊きの多い時間や早朝の電源を太陽光発電が担うことになれば
お天気任せの不安定電源と言われることもなくりなります。

225621.jpg




会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。
発電所のメンテナンスのサイト

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
新会社 合同会社 ミネヤ電気保安法人です。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 15:03| 茨城 ☁| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。