2022年05月11日

【都内の自給率が上がるのでは?】「東京で家買えない!」 太陽光パネルの設置義務化に困惑の声 狙いを都に聞く:大人ンサー

SJPR.jpg
<30周年記念イベント開催中>
低圧30周年.png
高圧30周年.png



義務付けは、
ハウスメーカー、ビルダーに、
だそうで
建てる個人には義務はないようです。

正直太陽光発電よりも
蓄電池を義務化してほしいですね。

パネルは郊外で発電し
電気が余る昼に都内は蓄電し、
夜に放電で夜は自給自足。

災害時も、
停電しても電気が使えて
良いですし。

土地の高い都内で、発電効率が悪い
太陽光発電を推進し、
影の影響や建設費で
費用対効果が悪いことをするよりも
蓄電池を備え付けておいてくれれば
もっと効率的です。

適材適所という言葉がありますし。

DSC_0794.JPG







会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:15| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック