2022年10月19日

【PPAの方が良いようです・・・。】【2022年度FIT/FIP】太陽光第13回入札、前回に続き低調。背景に電力市場の高騰か:ソーラージャーナル記事

SJPR.jpg
<30周年記念イベント開催中>
低圧30周年完了.png
高圧30周年.png


FIPが特に低調とのことです。
電力卸の値段が高騰すると、
次年度のプレミアムが無くなるなど
制度的に複雑すぎるのかもしれません。

FITが減っているのも正直
オフサイトPPAで売った方が
高く売れる可能性という事もあり得ます。

本来はFIPは売り先への売電指定可能
ということで
オフサイトPPAが利用できる制度としても、
有望なはずなのですが・・・。

環境価値の取り扱いで
やはり
意味がないと
考えられているようです。

低圧FIP解禁でどうなるか?が
注目です。


1nofit.jpg







会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
#太陽光発電 - ブログ村ハッシュタグ
#太陽光発電
posted by 第二の年金.JP担当 at 17:59| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック