2015年07月17日

太陽光発電と電力事業の新たな幕開け?(太陽光発電+蓄電池 ニュース紹介)「蓄電池を「オフグリッド」の太陽光発電に、銀行で使用済みの107台を生かす」

スマートジャパンさまより
太陽光発電が活発な埼玉県で新たな取り組みが始まった。地元の武蔵野銀行がNPO法人と連携して店舗で使用済みになった107台の蓄電池を再生す る試みだ。太陽光発電システムと組み合わせれば、電力会社の送配電ネットワークから独立した「オフグリッド」の電源として使えるようになる

つまり、蓄電池の再生品と太陽光発電の組み合わせで新たな自力マイクロ電力システムの構築といことです(電力網=グリッドに対してその外=OFFグリッドということです」
現在は太陽光発電と蓄電池の値段の高さからコスト的に割りに会わなかったのですが・・・・。
ですが、現在は25円+1.5円燃料調整費+1.5円再エネ賦課金とすると28円・・・。
コスト的に現実味を帯びた計画です。
そして、電力網が発達していない発展途上国にも供給するということで、この組み合わせは、世界から電気が使えない生活地域の撲滅の希望となるのではないでしょうか?
posted by 第二の年金.JP担当 at 19:15| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓄電池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

(ニュース転載)太陽電池の売電単価を7円アップ、パナソニックが蓄電池とセットで





より転載
「具体的には、対象となる太陽電池と蓄電池をセットで購入したユーザーに、太陽電池で発電した電力の売電単価を最大7円/kWhアップしたり、最大22万円をキャッシュバックしたりするキャンペーンを2015年6月22日に開始する。

 売電単価の引き上げは、東京電力と中部電力のエリアを対象とする。パナソニック・エプコ エナジーサービスが提供する電力買い取りサービス「ソーラープレミアム」による1円/kWhの引き上げに加えて、最大6円/kWhを1年間限定で追加する ものだ。売電金額は約6カ月ごとに口座に振り込まれる。

 合計7円/kWhの引き上げを適用するのは、対象となる10kW以上の太陽光発電システムと蓄電池を購入し、接続契約を2015年7月1日以降に締結したユーザーである。例えば27円/kWhの売電単価が34円/kWhになる。」




IMG_0006.JPG


パナソニックの大攻勢です。

テスラの蓄電池が半額なら、俺たちは売電を+ってカンジでしょうか?

国内パネルの工場強化など、次々ですね。

パナソニックのエキスパート工事店である弊社もがんばります!


ビジネスモデルとしても、面白いんですよね。これから、電力自由化で、一番電力が高い時間に売れる太陽光+蓄電池の社会実験のモニター扱いなんでしょう。


ちなみに上の画像はパナソニックの多結晶型産業用パネルです。受注1年待ちのため

販売が困難なタイプです。


posted by 第二の年金.JP担当 at 10:19| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓄電池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする