2021年11月18日

2021年11月17日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電




posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

【元は日本の技術ですので日本がなった可能性がありました。】中国はあと9年で「原発1200基分の太陽光発電」:日経ビジネス。

SJPR.jpg



2012年のことです。
電材屋さんと一緒に来た、
ナントカ山モデルとかのディスプレイで
有名だったS社の営業マンがきました。

弊社が作りたい、ソーラーシェアリング型に付けたい
というと
「弊社のでは保証が出せませんね」
価格に関しても
その時に売り込みに来た
中国のトリナと比較して高い旨を伝えると
「しょせん中国製ですからね(笑」
ついでに納期も
「今前金で払ってもらって来年ですね(笑(8月でした)」

はい、その中国(台湾ですが)の
ファブレスメーカーに買われ
いまじゃ、
セルどころかパネルまで
OEMで作ってもらっている
世界の亀〇モデルとかいう
S社

これが日本メーカーの典型でした。

実はトリナは京セラに教えてもらった、
ときちんと公言しています。

ジンコは公言こそしてませんが
どうもM菱系の技術支援を受けていたようです。

なんとも情けない話です。

そして日本の技術で
量産した中国は
世界一の太陽光発電大国へ
なりそうです。

頼みます。
蓄電池やEVバッテリーは
こうならないでください。

まだ間に合います。

実は上記の件は
パナソニックのパネルを採用できました。
架台の強度計算を
1級建築士にしてもらうことで。

まさに明暗が分かれました。
下記の画像のパネルです。

ENIMAGE1348718038314.jpg

IMG_00062.jpg

ちなみに全量FIT新規設備認定関東第一号機です。

左記のソーラーフロンティアの自社生産の撤退に伴い
ほぼ日本でのパネル生産は終了しました。

他もこうならないよう、
是非に、是非に
蓄電池は頑張ってほしいです。









会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:00| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月16日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電




























posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月16日

【まず正面から問題に向き合い、蓄電池FITはどうでしょうか?】「脱炭素」太陽光・風力ではどうにもならない現実:東洋経済オンライン

SJPR.jpg



出来ない、難しい、コストが高い
ではなく
どうやったら達成できるか?
ゴールから逆算してみる
という視点が今の日本には欠けている、
と思います。

太陽光発電がこんなに増える、
さらに世界的にはコスト安の電源になると
予想ができなかったことにあります。

しかし、今の問題は
再エネが不安定
だから、安定電源にならないという
決めつけになっています。

FITで導入が成功したのなら
またFITで問題解決に進めば良いのです。
それが蓄電池のFITです。
蓄電池はきちんと制御や記録が残ります。

電力会社からの制御を義務付けて
20円〜40円程度なら
実効性が見えてきます。
(FIPやVPP補助金がありますが、
どうも、ちゃんと一度現金が入ってきた方が
目に見えて効果がわかるようで
人気があるようです。)

特に大型案件については、
既設であっても
併設を今からでも義務付けるべきだと思います
(遡及効という批判には「電力の安全」の担保として
電力供給のコントロールが必要であるということを盾にできます。)

正直、原発数基分のメガソーラーが
天気のまま、垂れ流しという状態は
系統安定を頑張る関係者に、負担がかかるのみです。

また低圧などの案件でも
たとえば、既設の発電所に、蓄電池を導入して
供給のピークシフトをずらしてもらう条件で
FIT期間の20年をさらに延長、とすれば
短期的な国民負担は減ります。

まだ完成していない、
水素などの技術よりも
実効性のある技術で
軸を作りつつ
さらに、他の技術も開発
形にしてほしいです。

特に蓄電池は、
いまだ、どこもスタートしたばかりで
まだ日本もシェアを保っています。

これからのEV時代を考えると、
市場は広大です。
産業育成のためにも
スタ―トしてほしいです。

DSC_0291.JPG



会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 07:57| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月15日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電










posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月15日

【太陽光発電の申請の減少が顕著になりました】太陽光の林地開発、許可面積7割減 脱炭素と景観で板挟み:日経新聞

SJPR.jpg



今までの倍以上必要と
いわれているのに、

反対運動などの社会情勢により
投資や計画は
縮小しているようですね。

いい加減目を覚ましてほしいです。

山林は今のままでは
荒廃していくのみです。

なぜなら、
大半が日本の材木も
買わないし
山菜や薪を取るために
山に入ることもない。

そうなると山や山林は
省みられることもなく
ただ、ただ荒れるのみです。

メガソーラーの計画が無くなった後は
どうなるんでしょうか?

自然は守られた?
ではそのあとは、
誰が守んるんでしょうか?
手放したかった地主さん?

それとも
反対運動の方たちが
購入し、
維持されるんでしょうか?

ぜひ、
太陽光発電の計画が
あったとしても
反対ありきではなく
どう共生していくか?を
模索しあい、
その共生の実効の監視を
していただく方向へ
舵を切ってほしいです。

そうしないと、日本の山林は
荒廃がどんどん進んでしまいます。

publicdomainq-0028529astjro.png







会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:07| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電














posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月14日

【桁が・・・違いますね】脱炭素に1京円強 金融機関有志連合、投融資で変革促す:日経新聞

SJPR.jpg


政府間合意については
cop26にて「努力する」の合意で
終わってしまったようで、
おそらく、これから数年後の土壇場になり、
焦ることになると思われます。

特に途上国は
気候変動は先進国のせい、先進国は金を出せ
と主張していますが、
実は気候変動の被害を一番受けるのは
治水やインフラが整っていない途上国になります。

お互いの歩み寄りが見られなかったのが
残念ですが。

しかし民間では、
本当のリスクヘッジを行う必要があります。

グリーンウオッシュと言われようが
脱炭素に配慮しない事業計画は
ほぼ融資が厳しくなる状況になるでしょう、

自動車を購入するにせよ、
建物を建てるにせよ。

動くお金は凄まじいもので
今までとは桁が違うお金が動き始めます。
政府間がどうこう言おうと、
経済は動きます。

これに希望を持ちたいです。

脱炭素シンボ.jpg










会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 13:44| 茨城 ☁| Comment(0) | 脱炭素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月13日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電










posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月13日

【ムーアの法則?】太陽光発電コスト減は2100年以降も続く、2050年に2円/kWh割れか:日経Xテック

SJPR.jpg


ムーワの法則ではないようです。

この混乱の要因ともなった太陽光発電の発電コストは、1978年ごろの約5米ドル/kWh弱から、欧州南部や米国での4〜5米セント/kWhと40年余りで1/100に低下した。これを将来も続くトレンド「スワンソンの法則」として最初に(2006年に)論文で指摘したのが、筆者も直接会って取材したことがある米Stanford Universityの元教授のRichard(Dick)Swanson氏である。日経クロステックでも何度か記事にしているので、知っているという読者も多いはずだ。


スワンソンの法則だそうです。
そしてムーワの法則も
ほぼ止まりかけていたみたいですが、
スワンソンの法則は
今からだそうです。
まだまだ無限大の広がりを
秘めている
とのこと。

でも実際に必要なのは
安定電源化なので
太陽光発電+蓄電池のコストが
現在のどの電源より下がれば・・・。

そして、太陽光発電+蓄電池の電力で
ソーラーパネル、
PCS
ケーブル
架台
などが生産できるように
なった時代には
ホンモノの無限機関の
誕生です。
SDGSシンボル.jpg











会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 18:25| 茨城 ☀| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする