2021年11月13日

2021年11月12日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電


















posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

【業種を問わず・・・発電事業にもワンチャンあり?】【速報】最大250万円の中小企業向け給付金が新設されます!11/10発表!:助成金なう記事

SJPR.jpg


バラマキ

ゲフン、ゲフン

いえ、コロナ禍被害での事業支援の補助金がでそうです。


前回の持続化給付金では、
太陽光発電事業専業ではダメ!
という見解が
大多数だったんですが
(ちらほら申請した人がいるというのは
聞いたことがあります)
今回はどうでしょうか?

業種を問わずというところに
一縷の望みを掛けたいですね。

実際はコロナ禍で、
故障があっても業者対応の遅延が続いて、
正常な発電稼働できず
発電量が減少することで
売上が減ったりした事例
などもあると思います。

諦めずに情報収集をし、
今回は可能だったら
申請するのも、必要かと思います。


ゴールドマンサックス.jpg







会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 07:30| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電




































posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

【今年はオンライン?】資産運用エキスポのチラシが来ました。

SJPR.jpg

権利土地付き太陽光発電所の販売の主戦場となりつつある
資産運用エキスポですが、オンライン開催するそうです。


DSC_0559.JPG

DSC_05602.JPG


ガッツリ、個人情報登録が必要ですので
ダイレクトメール覚悟で除く必要がありますが。

リアルですと、
amazonギフト券を配る会社や、
エキスポ名物の生八つ橋配る京都の不動産屋さん
(民泊可能なマンションだったら買っていたかも汗)
札束風呂での写真撮影
金塊を触るブース
などなど
バブル時代を彷彿をさせる演出
など楽しみがあるんですけども。

ちょっと残念かな?

でも太陽光発電が
投資用と
家計見直し用と
で盛り返しつつあるんですかね?










会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 07:58| 茨城 ☀| Comment(0) | 第二の年金について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電


posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

【太陽光向けは2年前より入りにくくなってます】火災保険、実質値上げへ 割安な10年契約廃止:日経新聞

SJPR.jpg


台風による損害により、
太陽光発電所向けは、
2年前より
10年契約の火災保険は
逆に割高な見積が出たりしました。

最近では5年契約が今の内に!
と勧められたりします。

住宅向けも同じような感じになるようですね。






ソーラー事故.jpg






会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 08:00| 茨城 ☔| Comment(0) | 再生可能エネルギー&太陽光発電の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月09日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電








posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月09日

【メンテナンスが厳しくなりそうですね。】小規模太陽光を事業用扱いに。電力保安改革で法改正へ:電気新聞

SJPR.jpg


あたらしい区分を作るそうです。

「小規模事業用電気工作物」のカテゴリーを新たに設け、新設の10〜50キロワット未満の太陽光発電、20キロワット未満の風力発電に対し、行政への基礎情報届け出などを求める

小規模事業用電気工作物というのは
今までの
低圧はすべて、一般電気工作物(電気の安全は電力会社持ち)
高圧は自家用電気工作物(電気の安全は需要家=オーナー持ち)
からまた変わるものができるそうです。

事業用電気工作物は
一般用電気工作物以外の電気工作物を事業用電気工作物という。
事業用電気工作物は、“電気事業の用
に供する電気工作物“と”自家用電気工作物“の二つに区分される。

なんですが、今までは電力会社の発電所以外は、
自家用電気工作物という認識だったんです。

なのでこれからは、
高圧発電所=自家用電気工作物
低圧10〜49.9KW=小規模事業用電気工作物
家庭用=一般電気工作物
という区分になるんでしょうか?

記事では、電気主任技術者選任以外を
抜いた自家用電気工作物と類似ということで
法定年次点検が課されることに?
なるんでしょうか?

制度を作るのは良いのですが、
対象者と義務ぐらいは
明示しておいてほしいです。

PVeyeメンテ2.jpg




会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 11:37| 茨城 ☔| Comment(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月08日のつぶやき 赤嶺電研企画が気になった話題 #茨城県 #鹿嶋市 #神栖市 #潮来市 #太陽光発電メンテ #太陽光発電施工 #太陽光発電
























posted by 第二の年金.JP担当 at 00:01| 茨城 ☁| Comment(0) | 太陽光発電関連つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月08日

【簡単に言えば制度が悪いです】日本の太陽光発電コストが世界で圧倒的に高い訳:東洋経済

SJPR.jpg


ゼネコンさんでも、
高いマージンなんか
取ってませんよ?
逆に不当なマージンでも
取ったら、
他に持っていかれます。

ではなぜ高いか?
それは販売元が
利回りから逆算している方式が
多いからです。
つまり、売電権利の対価が
多くを占めているからです。

例えば、今
21円案件と、
14円案件
で99KWの発電所の
権利付き販売案件が
あるとします。

前者の相場は
2100〜2400万円程度です。
後者は
1400〜1600万円程度です。

800万円の差額はなんでしょうか?

大抵これが売電権という名目
請求書に載っています。

つまり、申請時に買取価格が
決定されてしまうという制度自体が
失敗の元です。

他の国のFIT制度は基本的に
稼働時に買取価格が決まります。
(大型プロジェクトの入札案件は例外ですが。)

制度設計の失敗を嘆いていても
始まらないですが、
アセスで
来年以降も
40〜36円買取未稼働でも
長期間保護される案件は
蓄電池併設を義務付けて
安定電源化しても
採算に乗るはずですが、
一切議論されたことが
ないんですよね・・・。

未稼働なら、
遡及効にもならず、
義務付けが可能なはずですから。
電力系統の安全のために
垂れ流しの
10MWやら100MWが
今頃系統につながること自体
リスクですよね。

蓄電池で安定電源化にしてほしい


publicdomainq-0045033igerjd.jpg







会社経営ロゴ.jpg

twitterもやってます。

メンテナンスサービスHP.jpg
高圧案件の電気保安管理、メンテナンスを
ワンストップで対応できることになりました。
電気保安法人番号 関東東北産業保安監督部 H237号
保安法人ラベル.jpg
太陽光発電の自家消費特設HP 
ペライチ自家消費.jpg
蓄電池、オフグリッドの特集
オフグリdッド.jpg
販売用発電所ご紹介
紹介ウェブ.jpg
      
                             
posted by 第二の年金.JP担当 at 17:24| 茨城 ☀| Comment(0) | 太陽光発電手続・関連法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする